R(娘・3歳)とママ(私)の生活記録


カメラを向けるとポーズ!が流行です。
by ciaoyoco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

番外編: 日本が恋しくなる理由

昨年12月27日にオデッセーを買った。そしてそのレジストレーション手続きはディーラーがするはずだった。だが、DMVからは一向に登録済みということを証明するスティッカーが送られて来ない。おかしいな、と思ってDMVに電話をしてみたら、ディーラーが手続きをしていないということが判明!この話をおじいちゃんにしたら、こちらに来た際にディーラーに出向いて話をつけて来てくれた。これが2月か3月のこと。バンを購入した際にウインドシールドに貼ってもらったディーラーのスティッカーは半年有効とのことだったので、いくら何でも有効期限が切れる6月27日までには届くだろうと思ってスティッカーが届くのを待っていた。

しか~し、やっぱりここはアメリカ、そう簡単にことは運ばないのである。

先週ふと気が付けば有効期限が近づいているではないか!慌ててディーラーに電話を入れると、元のバンの持ち主がレジストレーションを済ませてからディーラーに車を持ち込んだので、レジストレーション費用は既に支払われているとのこと。では何故スティッカーが届かないのかと聞くと、元の持ち主が受け取ったスティッカーをディーラーに渡さなかったからではないか、と。ではどうすればスティッカーは送られて来るのか?するとディーラーにはこの手続きは代行できないので、ママがDMVに出向かなければならないとのこと!

おじいちゃんが2~3ヶ月前にディーラーに赴いた時に全て解決したと思っていたと言うと、電話の相手は「私はその人(おじいちゃん)には会っていないのでそこでどういうやりとりがあったのかわからない」の一点張り。仕方がないのでDMVとの予約を取ったが、一番早い予約は7月6日。今週末おじいちゃんとおばあちゃんが来た時に、おじいちゃんが一緒にディーラーに行ってくれることになったが、やはりDMVに行かなければ解決しない気がする。

それにしても何たることか。こんなこと日本で起こると思います?!あまりのいい加減さに、ママはイライラを隠せなかった。

そして今日、またしても「そうだった、そうだった」ということが起こった。

今日は午後からRの2歳検診のためにドクターのオフィスに出向いた。すると受付で、担当医がDr. Cではなくなっているので受診はできない、とのこと!えええっ、何で?ああ、そういえばRの保険を同じ会社のスタンダードからプレミアムに変えたのだがそれと関係があるのかもしれない。しかし、どうして変更になったことの連絡がなかったのだろう?保険会社が当然連絡してくるべきではなかったのだろうか。ドクターのオフィスでは先週の金曜日に電話連絡をしようとしてくれたそうだが、古い電話番号(1年半以上前のもの)しかコンピューターに残っていなかったようで、連絡できなかったのだそうだ。

Rのドクターのオフィスは遠い。片道30分は掛かるので、丸々1時間とガスを無駄にしたことになる。あまりに頭に来たのと、呆れたのと、がっかりしたので、思わず涙が滲み出て来た。

帰宅してすぐに保険会社に電話を入れると、ドクターの再変更は多分問題がないだろう、とのこと。じゃあ、そもそも何でドクターを勝手に変えたのだろう。そして何故、その旨の連絡をくれなかったのだろうか。そのうちわかるだろうし、連絡するのが面倒だったから?本当に呆れてものが言えないとはこのことである。

そして1週間おきに水曜日に来ることになっている芝刈り業者。先週は来ないなぁと思っていたら何と、土曜日に来た!そして挙句の果てに2回分も多く請求したインボイスを渡された。今日チェックを送る際にメモを書いて間違いを指摘し、確かに未払いの3回分の金額のチェックと共に送った。

しかし、どうしてこう、全てがスムースに運ばないのだろうか、この国では。何かひとつこういうことがある度に、まだ日本人の感覚を捨てられないママは激怒している。そして呆れて情けなくなる。悲しくなるし虚しくなる。そして泣きたくなる。

こういうことがある度に、コンピューターを相手に人間と話ができるようになるまで我慢強く電話にしがみついていなければならない。たとえRが傍で泣き叫び続けようと、一旦人間につながった電話は切れないのである。しかも英語だからやっぱり疲れるし、面倒だ。

しかしこうして人間が丸くなって行くかと言えばそんなことは全くなく、却ってひとつ事件が起こる度にひとつトゲが増えているような気がする。

そうだったそうだった、ここはアメリカだった。でも妙に日本が恋しい今日この頃である。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-28 11:31

久振り!日本語検定

久振りの日本語検定。

今日はママの眼科の予約があったので、朝早くからMさんにRを預かってもらった。予期せず瞳孔を開く目薬を点され、何時間か運転不能に陥ったママ。視界はぼやけ、近くのものは全く焦点が合わない。挙句の果てに日光が異常にまぶしくて、帰宅するなりブラインドをびしばしと下げなくてはならなかったほど。そんなこんなで結局、Mさんのお言葉に甘えて何と7時間強もRを預かってもらったのでした。ありがとう、Mさん…。

さて帰宅したRにママが質問。

ママ: 「今日はママがいなくて寂しかった?」
R: 「寒い」のベイビーサイン。

「よおし、完璧だ」と言いたいところだが、これはちょっと苦しいぞ、R。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-25 11:33

番外編: ミュージカル・バトン

姉のところから回って来てしまった(?)ミュージカル・バトンミュージカル・バトン

早速、1番。これはゼロ。だってどうやるかわからないんだも~ん。

2番。今聴いている曲。はて、何だろう?いつもラジオを掛けっぱなしにしているので、何だかよくわからない。でもお気に入りはDidoの「White Flag」とマルチナ・マクブライド(とか、こんな感じの名前の女性アーティスト)の「In my daughter's eyes」。

3番。シュナイダー・トゥエインのCD。タイトルは何だったかなぁ?

4番。1.ママス&パパスの California Dreamin'。こんな感じのスペルだったような。
2.エア・サプライの Lost in Love。
3.ヒューイ・ルイス&グゥイネス・パルトローの Cruise。
4.クリスティーナ・アギュイレラの Beautiful。
5.シュナイダー・トゥエインのMen, I feel like a woman。

1.は中学生の頃(?)何度も何度も聴きました。
2.は短大生の頃。この頃、エア・サプライ流行でした。
3.これは大好きな映画「Duet」から。
4.はRが生まれた頃よく掛かっていた曲。「You are beautiful no matter what they say....」これは親ばかなママとパパがRのテーマ曲にしたのでした。
5.デンバーにいた頃流行っていた曲。歌詞が途中で変わる前の、オリジナルの方が好きでした…。

しっかし、回って来てしまったバトン、手渡す相手がもうおりませぬ。ごめん、お姉さん、ここでぶち切るよ。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-24 11:30

番外編: パパの休暇

パパの2週間の休暇の日程が決まった。7月23日にイラクを出るらしい。何故かクゥエートに2泊しなければならないそうで、アメリカに戻るのに4日掛かると言う。ということは、家に戻るのは27日か。この日の真夜中から丸々2週間、休暇なのだそうな。この2週間の間に何ができるのかわからないが、思いっきり休暇を家族で楽しもうと思う。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-22 10:54

番外編: 結論

結局、断りました、Cちゃん、Rちゃんのベイビーシッティングと交換(?)のRのベイビーシッティング。実は先週の木曜日、Rを預けてママは仕事をしていたのだが、またしてもRはRちゃんにいじめられて(?)午後は大泣きだったとか。この話をCちゃん、Rちゃんのママ、Mさんから聞いて決心。ママのわがままで、Rが望まない環境に置くのはもうやめよう、と。

翌日の金曜日の朝、Rを心配したMさんから電話が掛かって来たので、これ幸いと断った。Mさんはちょっとがっかりした様子だったけれど、ママはすっきり。やっぱり軽はずみにベイビーシッティングは引き受けてはいけないのだと実感した。

でも、Rがいるとできないことが多くてママはまたいらいらするかもしれない。ママだけがこういう状況に置かれているわけではないとわかっていても、思わず涙が出てしまう。本当に戦争なんてもう、終わればいいのに!
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-20 10:10

番外編: 悪魔の囁き

疲れました。今朝はまた10前から5時過ぎまでCちゃんとRちゃんのベイビーシッティング。

Cちゃんはママと離れているのが寂しくて、家に来てから1時間くらいソファの上でごろごろしていた。ビニールプールに入ってからはいつものCちゃんに戻ったが、今日はCちゃん、あまりご飯を食べない。彼女が食べたのはホットドッグ一口、クラッカーとチェリオだけ。一方のRちゃんはご飯だけはむしゃむしゃと食べる。子どものお茶碗2杯分くらいは一回でぺろり。しかし他のものは全く口にしない。

Rは体格のいいRちゃんにおもちゃを奪われ、今日もよく泣いた。Rちゃんはまだ「シェア」できないので、Rを押し倒してでも欲しいものは奪う。そして活発(乱暴?)なCちゃんとRちゃんは、ぱんなさんからいただいた「トンネル」を破壊して帰って行った(ごめんなさい、ぱんなさん…)。そしてリビングルームのブラインドも1枚、変な方向を向いている。これはやっぱりC&Rの仕業ではないだろうかと密かに勘ぐるママ。

こういう時、親はどうしたらいいのだろう、と悩む。アメリカ人なら相手の親に文句を言いそうだが、根っからの日本人のママは変な所が小心者なので困る。それにRも彼女の家で何かを壊したり、おもちゃをシェアできないで暴れるかもしれない。あんなこんなぱんな(あ、失礼、ぱんなさん)をあれこれ思っていると、ますますこの「トレード」が辛くなって来た。

でもMさんはRがRちゃんのような行動↑を取ったら、絶対に文句を言って来るだろうなぁ。やっぱりここは勇気を振り絞ってMさんに「報告」すべきだろうか。こんなに悩むならいっそのこと止めた方がいいのかなぁ、「トレード」…。でも悩みながらも「7時間の自由のためよ」とママの耳元で悪魔がそっと囁いている。

もんもんもんもんもんもんもんもん。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-15 18:02

2歳になって…

Rは誕生日の翌日の日曜日、2回もお昼寝をした。余程誕生日パーティーでは興奮して疲れたのだろう。この日はおじいちゃんとおばあちゃんが帰って行ったが、予想していたほどは泣かずに済んでママはほっとした。「今別れても、また会える」ということが少しずつでもわかって来たのだろうか?

さて、この日からこれまで愛用していたベイビー用の、バスタブに入れて使う椅子を使うのを止めた。1つにはRが大きくなって来たので、Rが背中の方に重心を移すと椅子がその重みで倒れそうになり危険なこと、そしてもう1つは椅子なしでも安心して座らせていられることがその理由だ。それにしてもこの椅子を使わなくなっただけで、お風呂の後片付けもぐんと簡単になった(気がする)し、バスルームもこの椅子がなくなったお陰で広く感じる。

はぁ~、こうして考えてみると大分育児が楽になって来たなぁ~。

いや、まだまだ大変なことにはもちろん変わりはないのだが、何となくRが泣いて暴れる回数がここ2週間くらい前からぐんと減った気がするのだ。従って、ママのイライラも少しおさまって来ている。言葉によるコミュニケーションが大分できるようになったことも、楽になったと感じる理由のひとつかもしれない。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-15 17:41

Happy Birthday R!

a0034420_8384023.jpg今日はRの2歳の誕生日。去年の誕生日は故レーガン大統領のお葬式でパパは仕事がお休みで家にいたのに、誕生日パーティーを週末に予定していたのでこの日は特に何もしなかった。

今年はパパがいないので、ママが重たい腰を上げてパーティーを企画することに。去年のパーティーではお婆ちゃんが全て料理を用意してくれたので楽だったが、今年は全てママの双肩に掛かっていた。先ずはパーティー用の服を選び、その服に付いているピンク色のてんとう虫をパーティーのテーマにした。

前回Rがおばあちゃんたちの家にいる間に、グッディーバッグに入れる中身やお礼の作成をした。そしてパーティーのメニューを決め、招待状を作成・送付し、ケーキを注文し、食糧などの買出しに行き、家のデコレーションをしてやっと当日。おばあちゃん、おじいちゃんは昨日から来てRの世話を担当してくれたほか、細々とした相談に乗ってくれた。

昨日は午前中から料理の下準備。ひと段落したところでペーパープレイトや子どもたちを遊ばせるためのおもちゃなどを買出しに行く。戻ってからバックヤードの掃除などなどなど…ベッドに入ってもあれこれと今日の段取りなどを考えていて、なかなか寝付けないまま朝を迎えた。

a0034420_523851.jpg6時ちょっと前に目が覚める。シャワーを浴び、軽い朝食を摂った後、いよいよ料理に取り掛かる。あれこれやっているうちに、あっと言う間にケーキをピックアップする時間!慌てて車を走らせる。家に戻り、再び料理に取り掛かろうとしたところでもうノックの音が!

その後も恐らく小一時間は料理に追われていたが、やっと終わったところでちょうどゲストが全員揃った。ここで食事タイム。メニューは海南鶏飯(ご飯、6合!)、ローストビーフ、マヨエッグ、ポテトサラダ、マカロニ&チーズ、ホットドッグ。デザートはケーキとアイスクリーム2種。慌てていて予定していたテイタートッツを出し忘れてしまったのと、写真を撮り忘れてしまったのが残念…。

a0034420_5163821.jpgちょうど食事開始、というタイミングでパパから電話。これからログインするので、チャットで映像を見せて欲しいとのこと。お腹が相当減っていたママだが、我慢して(?)チャットに付き合う。その間ウエブカメラは付けたままにしておいたので、パパもパーティーの様子を見ることができた。それにしてもチャットを始めた午後の2時は向こうの午前1時。優に30分以上はチャットをしていたので、寝たのは相当遅かったのではないだろうか…。

a0034420_027066.jpgおばあちゃんのアイディアで、パパがオンラインで映像を見られる間にプレゼントを開けましょう、ということになり、急遽プレゼントオープン!今年はRもラッピングをびりびりと破り、楽しんでいたのでママの顔も思わずほころびる。服、水着、ビニールプール、おもちゃ、などなどなどなどをたくさんいただき、Rは幸せ一杯。

a0034420_520775.jpg続いてケーキタイム。先ずはケーキを前にしたRの写真を撮る。そして何とRはろうそくの炎を吹き消した!わぁい、すごいぞぉ、R!思わず拍手が上がる。

a0034420_5161297.jpg最後にお礼のお皿を渡してお開き。総勢大人13人、子ども6人、赤ちゃん1人のパーティーだった。大変だったけれど、本当にこのパーティーを企画してよかった。Rの何と大きく見えたこと。来てくださったみなさん、本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-12 23:44

番外編: 7時間のために…

最近忙しくてブログを更新できない。今回Rをおじいちゃん、おばあちゃんに預かってもらったのは一週間。正確に言うと6日しかなかった。ということで仕事があまり捗らなかったのと、何と行っても1年に1回の最大のイベント、Rの誕生日パーティーの準備で落ち着かないのいだ。

そんな中、月曜日にジムの友人Mさんから、交代でお互いの子どものベイビーシッティングをしない?と話を持ちかけられた。ふたつ返事で承諾。Mさんの子どもはふたり、こちらはRひとりなので、コンディションとしてはあまりよくないのだが、そんなことは言っていられない。結果、毎週火曜日はMさんの子どもたちを預かり、木曜日はRを預かってもらうことになった。

そして火曜日、ふたりはやって来た。以前に2回ベイビーシッティングをして、もう絶対にしない、と誓ったあの子たちである。何しろRよりも力が強いわりにはまだ「シェア」ができない。上の3歳の子(Cちゃん)は時々シェアすることもできるが、下の2歳の子(Rちゃん)にはまだ無理。そして当然一番身体の小さいRはおもちゃを奪われ、泣き叫ぶ。またふたりは好き嫌いが多くて、ママが作るものには殆ど口をつけないのが困る。

またCちゃんはポティートレイニングが一応済んでいるのだが、時々バスルームに行くように声を掛けなければならない。声を掛ける習慣がないのでこれがなかなか難しい。そして何も知らない彼女は「家に帰ってからする。」おいおい、7時間もうちにいるんだよ、ここでしないわけにいかないだろう…。

朝10時から夕方5時まで。話ができるCちゃんは、「ママ、もう迎えに来た?」と12時頃から何度もママに聞く。だがそのCちゃんも、バックヤードで水遊びを始めたらもうママのことは口にしなくなった。3人とも夢中になってバケツに入れた水で、おもちゃの車を洗う。だが生憎最近こちらは寒いくらいなので、水でおもいっきり遊ばせることができない。

a0034420_2319691.jpg…と思ったらRだけは寒いことなどお構いなしで、水で思いっきり身体を濡らしていた。最初は自分の身体に水を掛けている程度だったのが、途中で何と!小さいバケツの中にサンダルごと入ってしまった!これにはママも真っ青。慌てて引き上げるがRの身体は冷たくなっている。

もうおしまいね、と言って切り上げ、いつもの通りキッチンのシンクでRをお風呂に入れる。するとそれを見ていたCちゃん、自分もお風呂に入りたいと言い出した。どうしようかと一瞬迷ったが、寒そうだったこともあり、結局お風呂に入れることにした。結果、彼女は超機嫌に。そして水遊びでお腹が空いたのか、3人ともまたご飯を食べた。

5時近く、ふたりは帰って行った。今日はお昼寝をしなかった3人。Rは5時半頃お昼寝開始。CちゃんとRちゃんも帰宅途中の車の中で眠ってしまったそうだ。そりゃあそうでしょう、あれだけ遊んだんだもの。

ということで、今日はRをMさんに預かってもらう日!やりたいことがあまりにもたくさんあって、何から始めたらいいのか迷うところ。でもとりあえずは掃除かな。明日はおじいちゃん、おばあちゃんが、土曜日のRの誕生日パーティーのためにやって来るのだ。それからパーティーの買出しの一部を済ませて、自分の仕事もして…と今から頭がいっぱい。一体7時間でどれくらいのことができるのかわからないけれど、とにかくRを預かってもらえるのは助かる。

Cちゃん、Rちゃんのベイビーシッティングは本当に大変だけれど、この貴重な7時間のために、これからもやってみるつもり。でもいつまで続くかなぁ…というのが、本心。いやぁ、ほんとに大変なんです…。
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-09 23:25

やったぁ!

遂にこの日がやって来た!Rが、う○ちが出る前にママに「ぷぷ」と報せてくれたのである。

バックヤードで元気に遊んでいたのに急に股を押さえて「ぷぷ」と言ったR。慌てておむつをチェックするが、う○ちは出ていない。だが午後にも同じようなことがあり、おむつをチェックした直後にう○ちをしたので、もしやと思ってポティーチェアーに座らせてみた。

a0034420_23402988.jpgふたりであんぱんまんの歌を歌い、手を叩くこと約10分。Rがまた「ぷぷ」と言った。だがBGM(ポティーチェアーから流れる音楽、ふたりの歌声、手を叩く音など)がうるさくて、Rのう○ちが水を叩いた音など聞こえなかった。暫くしてRがチェアーから下りたがったので下ろしてみたら…ありました、Rのう○ち。

思わず「わぁ~、やったねぇ!」「すごいねぇ!」と拍手!そしてご褒美(ん?)にプルアップパンツ。お姉ちゃん用のパンツだよ~、R。今日は2回教えてくれたところをみるとただの偶然とは思えないが、あまり期待し過ぎて裏切られるのも辛いので、期待半分にしておこう。

でもでも…嬉しすぎる♪
[PR]
by ciaoyoco | 2005-06-03 12:20


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧